山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

1000分の1シルバーオリーブアナアキゾウムシを見落としてしまう脳問題

シルバーオリーブアナアキゾウムシ

 オリーブアナアキゾウムシの体の色は黒と茶色の斑模様。茶色というかベージュ、少し赤味がある明るい砂色。写真の上のゾウムシの色が典型的な色の組み合わせの斑模様。

 

 この10年間でオリーブアナアキゾウムシを千匹くらいは捕まえてきたと思うが、写真の下のシルバーがかった体色のオリーブアナアキゾウムシを今日始めて見た。千匹に1匹の割合と言ってもいいかもしれないシルバーオリーブアナアキゾウムシ。写真より実物は、もっと青みがかった銀色に近い。

 

 シルバーオリーブアナアキゾウムシは珍しいが、それ以上に、このゾウムシを見たときの感覚が不思議だった。というのも、シルバーゾウムシを視界に捉えてから3秒くらいはオリーブアナアキゾウムシと判断できず、あれ?何のゾウムシだろう?よくよく見たら体色がシルバーのオリーブアナアキゾウムシだ!と分かった。

 

 何が不思議かというと、僕は長い間、オリーブアナアキゾウムシを形、体のラインや頭部の突起などのシルエットだけで見分けていると思い込んでいた。つまり色は判断材料にしていないと思っていた。

 

オリーブアナアキゾウムシ

 というのも実際の畑のオリーブアナアキゾウムシは陰になっていることが多く、最も見やすい懸垂タイプでもこのような見え方が普通。逆光の中だったり、陰にいると色の識別は難しくなりシルエットだけで見ている。

 

オリーブアナアキゾウムシ

 最も隠れている場所として多い幹の隙間や木の又なども暗いので、こんな見え方。お尻の丸いラインとそこから出ている細い足の線でオリーブアナアキゾウムシと認識していて、やはり色はあまり見えていない。

 

 見えていないと思っていたのだが、それが違ったことが今日分かった。シルエットは完全にオリーブアナアキゾウムシなのに色が見慣れないシルバーだというだけで、オリーブアナアキゾウムシだと僕の脳は、すぐには判断しなかったということになる。ということは、僕の脳はゾウムシを形だけでなく、ほんの少ない色の情報も合わせて判断していたらしい。

 

 そこで、人間の脳が色や形をどのように認識しているのかネットで調べてみた。今のところ最も参考になりそうな論文が京大のこれ。

 

視覚認知において色と形の情報が統合される仕組み -位置に依存しない物体記憶の生成-

 

私たちは外界の事物を認識する際、色や形をバラバラの特徴ではなく、ひとつの物体として認識していると感じています。しかし、視覚情報処理の初期段階では、物体を構成する各特徴は独立に処理されていることが知られており、物体特徴が脳の中で統合される仕組みは認知科学における未解明の問題の一つです。知覚においては、位置を共有する特徴が統合されると考えられていますが、統合された特徴が記憶の中で保持される仕組みは不明なままでした。

(中略)

テスト刺激が記憶刺激に含まれる色、或いは、形をどれか一つでも含んでいたか否かを、刺激位置とは無関係にできるだけ速く、正確に判断する課題を行いました。この時、テスト刺激が記憶刺激の色、形両方を含んでいる場合は、色、形の一方だけを含む場合よりも反応時間が速くなります。

(中略)

記憶の符号化時には位置を共有する特徴のみが統合される。統合された色と形は、記憶保持中に位置に関係なく利用できるようになる。つまり、視覚情報を記憶に符号化する際は、位置の共有によって特徴が統合されるが、記憶に保持されている間に位置に依存しない表現が生成されるということを示しています。

 

 難解だけど、参考になったポイント3つ。

  • 色と形の両方を含む情報の方が脳は早く認識する。
  • 脳は物体を色は色、形は形で別々に情報処理した後にまた統合し直して記憶している。
  • 記憶した後は、色は色、形は形でバラバラになっても認識することはできる。

 

オリーブアナアキゾウムシの色と形

 つまり①色と形が入った情報はすぐに脳がオリーブアナアキゾウムシと認識するけど、②色だけは脳が記憶している情報を探す時間が少しあって「あっオリーブアナアキゾウムシの模様!」とか、③形だけを見たら少し考えて「おっオリーブアナアキゾウムシを描いた絵だ!」と分かるということ。当たり前のことのようだけど、人間の脳は色と形を一緒に憶えがっているけど、一緒じゃなくても少し考えたら色は色、形は形で識別することができるということ。

 

 なので、いつもと違う色のオリーブアナアキゾウムシを見た僕の脳が、オリーブアナアキゾウムシだと判別するのに時間が掛かったということになる。

 

 今までは、オリーブアナアキゾウムシの生態ばかりを追いかけていたのだが、それを捕獲する人間側がどのようなメカニズムでゾウムシを見つけているのか、ということをこれまで完全に見落としていた。捕まえる対象のゾウムシを研究することとは別に、捕まえる主体である人間の視覚や脳の働きを知ることも使えるかもしれない。

 

 AIに画像認識させるAIゾウムシハンターも面白いけど、人間の脳の映像記憶能力を覚醒させたスーパーゾウムシハンターというのもアリか。覚醒までしなくていいけど、寝ぼけ眼で畑を見回ってもダメだろうということくらいは分かってはいるけど、夜明けが早い今頃の季節はなかなか厳しい。

 

 

 

文と写真 山田典章

オリーブ専業農家。香川県小豆島の山田オリーブ園園主。1967年佐賀県生まれ。岡山大学農学部を卒業後、ベネッセコーポレーションに入社、保育事業などの立ち上げに携わる。2010年から小豆島に移住し、新規就農。日本で初めてオリーブの有機栽培に成功し、オリーブ栽培としては初の有機JASに認定される。

 

 

 

 

著書 これならできるオリーブ栽培 ~有機栽培・自家搾油・直売~

 

 

(出版社コメント)
オリーブをうまく育てるには? 経営として成り立たせるには? ~栽培から自家搾油、販売まで著者の経験を詳しく解説!~

 

手間いらずで儲かる新品目として注目されるオリーブ。しかし、「木が枯れてしまった」「何年たっても実がならない」「オイルの搾り方がよくわからない」といった声も。

 

本書では、脱サラで新規就農し、日本で初めてオリーブ栽培の有機JASを取得した著者が、確実に実をならせるための栽培のコツや病害虫対策、小規模な自家搾油所の作り方と搾油方法ネット通販などのノウハウを丁寧に解説。

 

とくに、日本のオリーブ栽培で最大の難関となるオリーブアナアキゾウムシ対策は必見。昆虫少年だった著者が観察と実験を繰り返して、明らかにしたその生態をもとに、農薬を使わなくても、効率よく確実に被害を防ぐ方法を紹介。

 

まだ木が小さく実の収量が少ない時期の貴重な収入源になるオリーブ茶の作り方や、苛性ソーダを使わない安全な実のアク抜き法ワイン漬けなどのおいしい実の加工品の作り方も多数紹介。

 

これからオリーブを栽培したい人、すでに栽培している人にも、ぜひおすすめの一冊。

 

 

 

 

有機オリーブ研究所 関連記事

 

【栽培】

オリーブの有機栽培農家が教えるオリーブを無農薬で育てる方法

オリーブの実を収穫したい人のための苗木の選び方&品種の見分け方

オリーブ農家の収穫用品種の選び方と国内品種トレンド

オリーブの種を蒔いて世界でただ1つだけの品種のオリーブを育ててみよう!

オリーブ農家が実践するオリーブの病気対策・炭疽病・梢枯病・がんしゅ病・立枯病

小豆島の有機オリーブ農家がおススメするオリーブのコンパニオンプランツ

オリーブ農家が実践する風に弱いオリーブを支える支柱の立て方実践編

小豆島のオリーブ農家が実際にやっている収穫(手摘み)の方法

国産オリーブ栽培で大切にしていること7つ

 

【オリーブオイル】

 

【お茶・オリーブ加工品】

家庭でオリーブの実を美味しく食べる12の方法

身体によくて美味しい自家製オリーブ茶の作り方

国内では唯一の有機オリーブ葉のみを使用した健康茶7つのこだわり

 

【その他】

オリーブ農家になるために必要なお金のこと

農家に必要な資格とは

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です