山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

オリーブアナアキゾウムシの求愛行動の新仮説

オオゾウムシとオリーブアナアキゾウムシ

オリーブの害虫はオリーブアナアキゾウムシだが、オリーブ畑にはオリーブアナアキゾウムシ以外のゾウムシも迷い込んでくることがある。今朝、オリーブの木に止まっていたオオゾウムシを見つけたので、嬉しくなって捕獲ネットの中に入れておいた。自宅の飼育箱に移そうとするとオオゾウムシの頭にオリーブアナアキゾウムシが掴まっている。

 

うるさくて逃げようとするオオゾウムシと、離れようとしないオリーブアナアキゾウムシ。

 

なんとなく予感がしたので、飼育箱から何匹かオリーブアナアキゾウムシを取り出して小さい飼育箱にオオゾウムシと一緒に入れてみた。

オオゾウムシとオリーブアナアキゾウムシ

 

数時間後。新発見!

 

やはりというか、オリーブアナアキゾウムシはオリーブアナアキゾウムシのメスだけでなく、似たようなゾウムシでもマウントを取りにいき交尾しようとするみたい。なんだったらマウントを取られている個体が更に他の個体のマウントを取っている。

 

実は、飼育箱では普通に見られるゾウムシ団子のような現象もゾウムシ特有の性質なのかもしれない。

オリーブアナアキゾウムシ

 

 

以前から分からなかったことのヒントが見つかった気がする。

 

分からなかったこととは、オリーブアナアキゾウムシの雌雄の見分けようとすると、例外が発生する事象。

オリーブアナアキゾウムシの雌雄

マウント体制に入っている雌雄のオリーブアナアキゾウムシのうち、背中に乗っている方がオス、乗られている方がメスであろうと推測して、雌雄を見分けようとしたことがあった。

 

その結果、オスとメスでは、お腹の部分の模様が少し違うおとが分かってきた。オスは少しベージュのサシが入っている。メスはサシは無く真っ黒。

 

30体くらい見てみたら、やはりメスのお腹は真っ黒で、オスにはベージュのサシが入っているのだが、しかし、ときおり背中に乗られているオスや背中に乗っているメスの模様をした個体が現れるので、この見分け方は100%じゃないと思っていた。

 

オリーブアナアキゾウムシは相手がオスでもメスでもあまり気にせず求愛しマウントを取りにいき、交尾しようとするのかもしれない。

 

つまり、オリーブアナアキゾウムシは必ずしもオスがメスを見分けて求愛行動を取るのではなく、オスメスの区別なく求愛行動を取っている可能性がある。フェロモンも性フェロモンではなく雌雄の別がない集合フェロモンを出しているという仮説とも合致する。

 

つまり、オリーブアナアキゾウムシの性行動は、相手の性どころか、相手の分類属や種すら気にしていない可能性がある。しかし、マウントを取られる側は雌雄の別がないとしてもマウント行動を取るのはオスだけなのか、もしくはメスも取るのかそのあたりまでは、今のところは分からない。

 

先日、試してみたAIによる画像認識では、AIはオリーブアナアキゾウムシかオリーブアナアキゾウムシ以外のゾウムシかを見分けることができるのに、当のオリーブアナアキゾウムシ自身は、他のゾウムシをオリーブアナアキゾウムシとそれ以外に見分けていない。

 

オリーブアナアキゾウムシ、おおらかというべきか、適当というべきか。

 

フリーダム!オリーブアナアキゾウムシ。

 

もしかすると魚をルアーや毛鉤で釣るように、オリーブアナアキゾウムシもゾウムシルアーで釣れる可能性が出てきた。

 

深い。深すぎるぞオリーブアナアキゾウムシ。ゾウムシ研究は、まだまだ続く。

 

 

 

文と写真 山田典章

オリーブ専業農家。香川県小豆島の山田オリーブ園園主。1967年佐賀県生まれ。岡山大学農学部を卒業後、ベネッセコーポレーションに入社、保育事業などの立ち上げに携わる。2010年から小豆島に移住し、新規就農。日本で初めてオリーブの有機栽培に成功し、オリーブ栽培としては初の有機JASに認定される。

 

 

 

 

著書 これならできるオリーブ栽培 ~有機栽培・自家搾油・直売~

 

 

(出版社コメント)
オリーブをうまく育てるには? 経営として成り立たせるには? ~栽培から自家搾油、販売まで著者の経験を詳しく解説!~

 

手間いらずで儲かる新品目として注目されるオリーブ。しかし、「木が枯れてしまった」「何年たっても実がならない」「オイルの搾り方がよくわからない」といった声も。

 

本書では、脱サラで新規就農し、日本で初めてオリーブ栽培の有機JASを取得した著者が、確実に実をならせるための栽培のコツや病害虫対策、小規模な自家搾油所の作り方と搾油方法ネット通販などのノウハウを丁寧に解説。

 

とくに、日本のオリーブ栽培で最大の難関となるオリーブアナアキゾウムシ対策は必見。昆虫少年だった著者が観察と実験を繰り返して、明らかにしたその生態をもとに、農薬を使わなくても、効率よく確実に被害を防ぐ方法を紹介。

 

まだ木が小さく実の収量が少ない時期の貴重な収入源になるオリーブ茶の作り方や、苛性ソーダを使わない安全な実のアク抜き法ワイン漬けなどのおいしい実の加工品の作り方も多数紹介。

 

これからオリーブを栽培したい人、すでに栽培している人にも、ぜひおすすめの一冊。

 

 

 

 

有機オリーブ研究所 関連記事

 

【栽培】

オリーブの有機栽培農家が教えるオリーブを無農薬で育てる方法

オリーブの実を収穫したい人のための苗木の選び方&品種の見分け方

オリーブ農家の収穫用品種の選び方と国内品種トレンド

オリーブの種を蒔いて世界でただ1つだけの品種のオリーブを育ててみよう!

オリーブ農家が実践するオリーブの病気対策・炭疽病・梢枯病・がんしゅ病・立枯病

小豆島の有機オリーブ農家がおススメするオリーブのコンパニオンプランツ

オリーブ農家が実践する風に弱いオリーブを支える支柱の立て方実践編

小豆島のオリーブ農家が実際にやっている収穫(手摘み)の方法

国産オリーブ栽培で大切にしていること7つ

 

【オリーブオイル】

 

【お茶・オリーブ加工品】

家庭でオリーブの実を美味しく食べる12の方法

身体によくて美味しい自家製オリーブ茶の作り方

国内では唯一の有機オリーブ葉のみを使用した健康茶7つのこだわり

 

【その他】

オリーブ農家になるために必要なお金のこと

農家に必要な資格とは

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です