山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

有機農業一日体験会を実施しました

4月13日にオリーブの有機栽培体験会を実施しました。オリーブ栽培を既に始めていて有機栽培に移行したいという人や新規就農を考えている人たちが参加されました。

 

最初は、オリーブ畑で質問大会。ゾウムシの生態、草生栽培の下草の良い草悪い草、オリーブの品種の相性、オリーブオイルの試飲などなど参加者が今感じている疑問など、ざっくばらんに情報交換。小豆島と違ってオリーブの栽培方法を体系的に学ぶ場というのが他県ではないようで、色んな苦労をされているようです。

 

実践編。まずはオリーブアナアキゾウムシの成虫の探し方をレクチャーしたら各自ゾウムシを探します。まずはそっと近づいて樹上のゾウムシを落とさないように捕まえる。

オリーブアナアキゾウムシを捕まえる

 

一番多い根元のゾウムシに取り掛かる。木のスキマが怪しい。

オリーブアナアキゾウムシを捕まえる

 

実際の動画。

 
思わず悲鳴。おーこんなにいた!
オリーブアナアキゾウムシ
 
時間終了!さあどれくらい捕まえたかな?
オリーブアナアキゾウムシ
 
午後からはゾウムシの幼虫の捕まえ方が分かったら実践あるのみ。
オリーブアナアキゾウムシの幼虫捕獲
 
オガクズ状の糞を目印にドライバー1本で捕まえる。
オリーブアナアキゾウムシの幼虫を捕まえる
 
 
木の中の見えない小さな幼虫をどう掘り当てるか。最初は恐る恐るだったけど時間とともに虫の気持ちを推測し始めてどんどん捕まえていく。
 
 
 
とりあえず農薬掛ときゃいいかじゃなくて、虫と徹底的に向き合うことで、農業はもっともっとおもしろくなる。そう思えたら自分の畑に帰って実践してもらいたい。参加者の皆さんのこれからを楽しみに、明日からも畑に這いつくばってゾウムシ探し。
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です