山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

世界のオリーブ生産地の年間降雨日より「オリーブに冬の水やりは必要か?」

オリーブへの冬の水やりは必要か?ということについてここ数年考えている。

 

というのも冬に雨が多いと冬の間もオリーブの葉色が濃く春には多くの花を咲かせる気がする。逆に冬にほとんど雨が降らなかった年は葉が弱り花も少ない気がする。気がするとしか言えないのは、オリーブは隔年で収穫量が増減する裏表年があったり、若木は自身の成長度合いによって収穫量がどんどん増えたり、冬以外の春夏秋の雨量や気温などの影響によっても収穫量が変わるので、冬の雨の影響以外の要因が多いので特定しにくい。

 

2年前の冬、島のオリーブが非常に弱ったことがあって、その原因が冬の少雨ではないのかということについて書いたこともあった。

「2019年の小豆島におけるオリーブの冬枯れについて考えた」

 

そこで海外のオリーブの主要産地の月別の降水日を改めて調べてみた。大きな傾向を掴むだけなので降水量でなくひとまずデータが取りやすかった降雨日で代用。HikersBayの世界の気候と年間の天気のグラフを使わせていただく。

 

sicily-meteo-average-weather

イタリアのオリーブの産地、南部のシチリア島。11月、1,2,3月と晩秋から冬に雨が降っている。4月~10月までは雨が降らない。

 

tuscany-meteo-average-weather

良質なオリーブオイルのイタリアの産地。あこがれのトスカーナ。南部より雨多いけど傾向は同じ秋と冬に降って春夏は降らない。

 

seville-meteo-average-weather

世界一のオリーブオイル生産国スペイン。南部のセビリア。夏は完全に乾期で全く雨ナシ。秋冬春に少し降る。

 

barcelona-meteo-average-weather

スペイン北部のバルセロナも南部とほとんど同じ。夏に乾期。それ以外に少し。

 

antalya-meteo-average-weather

オリーブ発祥の地トルコ。南部のアンタルヤ。イタリアのトスカーナに近い。冬に降って夏に乾く。

 

greece-meteo-average-weather

オリーブオイル生産量世界第5位ギリシャ。スペイン南部と同じような気候で年間を通して雨は少ないがやはり冬降って夏降らない。

 

california-meteo-average-weather

オリーブオイル新興国の雄アメリカのカルフォルニア。小豆島にオリーブを伝えた地域。典型的な夏乾期の冬雨期。パターンはトルコやトスカーナそっくり。

 

adelaide-meteo-average-weather

最後に新興国もう1つ。オーストラリアのアデレード。逆に見えるが南半球なので夏に雨が少なく冬に降るパターンは同じ。スペイン南部に近い。

 

 

それに対して日本はどうか。瀬戸内海に面する岡山、現在オリーブ栽培面積が増え始めている九州と静岡。

 

okayamashi-meteo-average-weather

小豆島の天候とほとんど同じ岡山。海外のオリーブ産地に比べるとこんなに降るのか。

 

fukuokashi-meteo-average-weather

こちらは福岡。同じく夏に降って冬少なめ。

 

shizuokashi-meteo-average-weather

静岡も同じ。

 

これらのグラフはあくまでも降水量ではなく降雨日なので傾向を見る程度にとどめるが推測できることがある。世界のオリーブの生産地は冬に雨が少し降って夏は徹底的に乾いている。日本はいずれの地方にしても夏に雨が降りすぎている。冬は少ないけど海外の産地と比較すると同じくらい。なので冬の日本の少雨は海外の冬の雨量と変わらないのでそれほど問題はないが夏の雨がオリーブの栽培を難しくしている可能性がある。

 

では日本では冬にオリーブに水やりはしなくていいのかだけど、基本的にはやらなくていいけど、あまりに雨が少ない年は水やりしたほうが安心かもね、というのが今のところの結論。それにしても夏は全く水やりしなくていい、というのも結論。

 

少々ふわっとしたけど、そろそろ海外の情報を丁寧に収集しないといけないだろうなというのも結論。スペイン語、イタリア語の翻訳機能使ってもなかなか意味不明だけど何か方法ないだろうか。

 

 

文と写真 山田典章

オリーブ専業農家。香川県小豆島の山田オリーブ園園主。1967年佐賀県生まれ。岡山大学農学部を卒業後、会社員時代の約20年間に保育園事業などの6つの事業に携わる。2010年に小豆島に移住し、子どものときに好きだった虫捕りが毎日できる有機オリーブ農家になる。好きなものは虫と本と日本酒。オリーブ栽培としては初の有機JASに認定される。山田オリーブ園ではオリーブや柑橘類の栽培、加工、販売を行う。

 

 

 

 

著書 これならできるオリーブ栽培 ~有機栽培・自家搾油・直売~

 

 

(出版社コメント)
オリーブをうまく育てるには? 経営として成り立たせるには? ~栽培から自家搾油、販売まで著者の経験を詳しく解説!~

 

手間いらずで儲かる新品目として注目されるオリーブ。しかし、「木が枯れてしまった」「何年たっても実がならない」「オイルの搾り方がよくわからない」といった声も。

 

本書では、脱サラで新規就農し、日本で初めてオリーブ栽培の有機JASを取得した著者が、確実に実をならせるための栽培のコツや病害虫対策、小規模な自家搾油所の作り方と搾油方法ネット通販などのノウハウを丁寧に解説。

 

とくに、日本のオリーブ栽培で最大の難関となるオリーブアナアキゾウムシ対策は必見。昆虫少年だった著者が観察と実験を繰り返して、明らかにしたその生態をもとに、農薬を使わなくても、効率よく確実に被害を防ぐ方法を紹介。

 

まだ木が小さく実の収量が少ない時期の貴重な収入源になるオリーブ茶の作り方や、苛性ソーダを使わない安全な実のアク抜き法ワイン漬けなどのおいしい実の加工品の作り方も多数紹介。

 

これからオリーブを栽培したい人、すでに栽培している人にも、ぜひおすすめの一冊。

 

 

 

 

有機オリーブ研究所 関連記事

 

【オリーブ栽培】

オリーブの有機栽培農家が教えるオリーブを無農薬で育てる方法

オリーブの実を収穫したい人のための苗木の選び方&品種の見分け方

オリーブ農家の収穫用品種の選び方と国内品種トレンド

オリーブの種を蒔いて世界でただ1つだけの品種のオリーブを育ててみよう!

オリーブ農家が実践するオリーブの病気対策・炭疽病・梢枯病・がんしゅ病・立枯病

小豆島の有機オリーブ農家がおススメするオリーブのコンパニオンプランツ

オリーブ農家が実践する風に弱いオリーブを支える支柱の立て方実践編

小豆島のオリーブ農家が実際にやっている収穫(手摘み)の方法

国産オリーブ栽培で大切にしていること7つ

世界のオリーブ生産地の年間降雨日より「オリーブに冬の水やりは必要か?」

オリーブの実を収穫するためのシンプルな剪定の考え方

オリーブ畑にマルチを使ってみた~防草とオイルの質への効果~

 

【オリーブの害虫研究】

オリーブアナアキゾウムシの見分け方

AIゾウムシハンターのイメージ

2020年最新オリーブアナアキゾウムシの捕まえ方~フィッシング法~

1000分の1シルバーオリーブアナアキゾウムシを見落としてしまう脳問題

Q「オリーブアナアキゾウムシに開けられた穴が沢山」どうすれば?

オリーブアナアキゾウムシの求愛行動の新仮説

無農薬でハマキムシからオリーブを守る方法(実践編)

 

【オリーブオイル】

 

【お茶・オリーブ加工品】

家庭でオリーブの実を美味しく食べる12の方法

身体によくて美味しい自家製オリーブ茶の作り方

国内では唯一の有機オリーブ葉のみを使用した健康茶7つのこだわり

 

【その他】

オリーブ農家になるために必要なお金のこと

農家に必要な資格とは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です