山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

オリーブアナアキゾウムシ300匹超えの異変

オリーブアナアキゾウムシ300匹目

いた!オリーブアナアキゾウムシ300匹目。

 

11年間で最多、とうとう300匹を超えた。しかもシーズン半ばの8月1日に。

 

今年のペースはちょっと驚異的。というのも例えば過去3年の8月1日時点の捕獲数はこんな感じ。

 

【8月1日時点オリーブアナアキゾウムシ捕獲数】

 2017年   76匹(年間捕獲数149匹)

 2018年   93匹(年間捕獲数138匹)

 2019年 103匹(年間捕獲数240匹)

 

去年100匹だったのに3倍の300匹。このままいくと500匹の大台突破もありえる。

 

うーんワクワクする、ではなく恐ろしい。

 

それにしても何でこんなに増えているんだろう?異変の予兆は去年くらいからあった。それまで年間の捕獲数は150匹前後だったのが100匹近く増えて240匹になっている。

 

成木数が増えたことでうちの畑だけで増えているんだろうか?オリーブの栽培面積が広がった小豆島全体で増えている?雨の多い冬、遅い春、長い梅雨など異常気象による日本全体の傾向?オリーブアナアキゾウムシの捕獲数をカウントしている農家が他にいないので何とも分からない。

 

ゾウムシの数が増えればそれだけ発見もある。これまで、あきらめていた昼間の捕獲を加えることで、昼間にゾウムシがいる場所のクセが見えつつある。朝昼晩とオリーブの木の上を移動して暮らすオリーブアナアキゾウムシの生態を知るためには貴重な機会なのかもしれない。正確には生態を知らないとオリーブがどんどん枯らされていく。

 

崖っぷち状態でゾウムシを追う日々がこれからも続く。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です