山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

マエアカスカシノメイガとこれからのこと

春一番のマエアカスカシノメイガ

根元周りの草抜きを続けていると、白いものがひらりとやってくるのが見えた瞬間、体が反応する。

 

パンと軽く払って今年1匹目のマエアカスカシノメイガを撃墜。

 

3カ月のブランクがあっても、体が忘れていなかったことにホッとする。

 

たぶん、冬眠していた成虫が気温が上がって起きだしてきたみたい。

 

まだ寒いせいか緩慢な動き。

 

 

ここのところ、次々決めなくてはいけないことが目の前にやってくる。

 

冬の間に考えていたプランとは違うことだけど、どうしたものか。

 

こういときこそ、草抜きという作業は最適で、草抜きに没頭してみたり、どうするか考えてみたり。

 

こういう場合、頭の中で色々考えたプランより、向こうからやってくる流れに身を任せた方がいいか、ということになる。

 

 

そうとなれば、できるかどうかだけど、こればかりは目の前のやれることを1つずつやっていくだけ。

 

まあ先延ばしにせず、今やれることに集中していくか。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です