山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

2週間に亘る真夏の長雨が終わり内海湾に朝焼けが戻る。

 
 
2週間に亘る真夏の長雨が終わり内海湾に朝焼けが戻る。雨が降るとゾウムシの動きが止まりオリーブも眠り農家も軒下で空をただただ見あげる。いつもなら数日で上がる雨も今回は半月も続いたことで異常とも言える爪痕を残していった。

 

人の気配が消えたオリーブ畑ではイノシシたちが闊歩し、夏の渇きに萎れていた雑草たちは狂ったように畑を覆いつくす。土の中に潜んでいた様々な菌類が猛威を振るう。渇きには強いが湿気には弱いオリーブが炭疽病に犯される。

 

もしも突然、何かの菌が暴走し人類いなくなったらこのオリーブ畑はこのまま森に吸収されてしまう。日本では人間がいなければオリーブが生き残ることはない。たった2週間の雨が人間の影を薄れさせ、本来の自然を回復していく様を目の当たりにするのは、ちょっとしたホラーだ。人が自然や地球環境を破壊するとかなんとかもっともらしいことを言う連中はコンクリートに囲まれた都会に暮らしている。大丈夫心配ご無用、あなた方が思うほど自然は弱くないし人間は無力だ。

 

しかし、都会で価値が生み出されなくなり食べ物を作る農家が強くなる時代はだいたいにおいて貧しくて不幸だ。そんな時代が来ても悪くないなと思いながら、自然に還りつつある畑を人間のための果樹園に戻す作業に明け暮れている。落ち着いたらまたYouTubeアップするので少し時間をいただきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です