山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

2020年バラ摘み1回目・スパニッシュビューティー

オリーブ畑で育てた小豆島産有機バラ

スペインで作出された「スパニッシュビューティー」が咲き始める。隣のネバディロ・ブランコもスペイン原産なので相性もいいみたい。つるバラなので年々大きくなって今では畑の南面を大きく覆うようになってきた。

 

オリーブ畑で育てた小豆島産有機バラ

今日は1回目のバラの収穫。脚立に乗って剪定鋏で一輪一輪摘んでいく。バラの収穫のいいのは、その香り。このスパニッシュビューティーは香りが強く、手が触れるだけでパッと香りが広がってくる。

 

オリーブ畑で育てた小豆島産有機バラ

摘んだバラは花びらのきれいな部分だけを選り分けるて、生食用の出荷分と薔薇茶作りの原料にする。

 

静かなゴールデンウイークが終わり、これから1ヶ月くらいはバラ摘みが続く。今年は新しい品種のバラも咲き始めそうなので楽しみも多い。

 

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»

“2020年バラ摘み1回目・スパニッシュビューティー” への4件のフィードバック

  1. 素敵ですね、スパニッシュビューティーが一面に咲き乱れるなんて。生食できる生産者さんがいらっしゃるとは知りませんでした。。拝見したいものです。無農薬で栽培するのは大変なのでは?素晴らしいですね。

    • バラの有機栽培はオリーブの5倍は大変です。甘く見ていた訳ではありませんが苦戦中です。30種以上のバラをオリーブ畑で育てていますがスパニッシュビューティーはタフに育ってくれて毎年沢山の花を咲かせてくれます。

  2. 庭で無農薬で育てるのも手がかかります。有機JASで育てるのは もっと手がかかると思います。
    それがたくさん咲いてくれるのは 嬉しいですね。
    バラの幹を食う虫が、見つかりました。幼虫を素手で触ってしまい、恐ろしく気味悪かったです。写真撮りましたが、照会するのが恐ろしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です