山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

アーモンドの果肉は酸っぱいキュウリ味

アーモンドの実をモモチョッキリゾウムシに食べられるので途方に暮れているという記事を書いたら同じ島に住む虫好きの少年が大量に捕獲しにきてくれる。

 
この赤銅色の鼻が長い虫がアーモンドの実を毎年全滅させてしまうモモチョッキリゾウムシ。

アーモンドにモモチョッキリゾウムシ

 
その少年は飼うらしい。オリーブアナアキゾウムシを飼っている僕は彼に親近感を覚える。

 
虫好きは虫博士になる以外に有機農家になるという選択もあるということを知ってほしい。

 
しかし、虫好きの少年も忙しいので毎日捕りにくる訳にもいかず、アーモンド全滅問題は解決されない。

 
facebookの記事の中にアーモンドの果実は食べれるというのを発見する。

 
アーモンドナッツは果実の種の胚の部分なのだが、種の回りの実も海外のどこかの道端で塩を振って売っているらしい。

 
これ食べれるのだろうか。

アーモンドの実

 
ゾウムシに食べられる前に人間が食べてしまえばいい。

 
ということで食べれるかどうか試してみる。

アーモンドの実

 
畑でかじってみると表皮の細い毛が、もじょもじょして気持ち悪い。

 
自宅に持ち帰って皮を剥く。

アーモンドの果実を食べてみる
 
そのまま食べる、塩を掛けて食べる、マヨネーズを掛けて食べる。
アーモンド実を食べてみる
 
 

爽やかな酸味が効いたキュウリみたいな味。

 
マヨネーズには案外合う。

 
でもキュウリにマヨ掛けても同じくらいだろうから、アーモンドの果実どうしても食べたいとまではいかない。

 
もしかしたらアーモンドが美味しいというより、マヨ掛ければだいたい何でも美味しいという疑惑もある。

 
食料に困ってキュウリがなかったら食べようか。

 
とりあえず今のところ、ありがたいことにキュウリを買うお金もキュウリを育てる畑もあるので、うちのアーモンドを全部食べてしまうという気にはならない。

 
残念だが爽やかなキュウリをゾウムシに食べさせてやるしかないのか。

 
 

“アーモンドの果肉は酸っぱいキュウリ味” への2件のフィードバック

  1. ヨルダンでアーモンドの果肉を食べました。剥かないでそのまま食べろと言われました。ホシャホシャとした食感で、味もあまりなく、何のために種ができる前に食べるのか不明??

    • アーモンドの緑果の味に日本人は馴染んでいないので特有の味なのか、歯ざわりなのか惹きつける何かが分からないだけかもしれませんが、食べれなくはないけど美味しい感じはしませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です