山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

実を収穫するためのオリーブの品種の相性/日本の気候に合った小豆島4品種の場合/それ以外のイタリヤやス…

オリーブは異なる品種間で受粉するため品種の相性があります。例えば小豆島で栽培されているミッションとネバディロ・ブランコは相性が良いので受粉して沢山の実を付けますが、ミッションとマンザニロは相性があまり良くないので実の収穫が少なくなります。小豆島でこれまで栽培されてこなかったイタリアやスペインの新品種の相性が分からない場合に、どのように考えリスク分散させているのかなど品種の相性についてオリーブ農家が実践していることを話しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です