山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

~日照時間編~2022年に収穫量が減った原因を考える

オリーブは太陽の光を好み、基本的には日照時間と実の量の相関性は高い。日照時間が長い場所にオリーブを植えると実を沢山収穫できる。

 

日照時間を見てみる。

赤い太線が今年2022年の日照時間。

 

年始の冬の間は過去10年間で最も日照時間が長い。春はそのまま日照時間キープして空梅雨だった6月も太陽は当たっている。ただし、夏に入ると少雨だったにも関わらず日照時間は過去と比較しても伸びていない。9月に日照時間が少なかったことは気になるがそれくらいか。

 

1~9月のトータルの日照時間を見てみると1,800時間を越えており過去10年間で2番目に長い。

 

雨が降らないということは太陽が出るということなので、少雨の2022年の日照時間が長いのはまあ当たり前。

 

2022年の日照時間は長かったしオリーブの収穫量減とは関係なさそう。

 

 

昨日はオリーブオイルの瓶詰め概ね終わったので今日からシール貼り。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。