山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

オリーブアナアキゾウムシが樹皮を食害した跡

オリーブアナアキゾウムシ食害

オリーブゾウムシが交尾を始めたので卵を産み付けるための樹を虫かごの中に投入する。

 

それから約一ヶ月。樹に沢山の穴が空いて、そして一匹が死んでしまった。雄か雌かは分からないが寿命だったのだろうか。とにかく3日間ずっと交尾したままで一日休むくらいのペースで交尾していたので疲れてしまったのだろう。死んだのはオスのような気がする。

 

そして、見たかった卵を産み付けるための痕を、よく見てみる。

2ミリから8ミリくらい長丸。深さは1ミリくらいで以外と浅い。樹のくずは微小なので下に落ちても多分分からない。

ゾウムシが卵を産みつけたこのサインをすぐに見つけることができるか。樹の根元50センチくらいを毎日一周回りながらじっくり見ているが木肌がキレイなら見つけれると思う。木肌が荒れている樹は難しいかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。