山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

オリーブアナアキゾウムシの冬の過ごし方

ゾウムシは2年ほど生きます。つまり越冬します。

 

では、冬の間どうやって過ごしているかと言うと、ほとんどの成虫は山に帰って広葉樹のふかふかの落ち葉の中で寝ています。

 

しかし、ゾウムシは基本的にナマケモノなので、もしオリーブの根元の居心地が良ければ山に帰らず、そのままそこで冬眠しています。

 

例えばこんなオリーブの根元。

冬眠中のオリーブアナアキゾウムシ

枯葉のスキマ。

冬眠中のオリーブアナアキゾウムシ

苔の間。

冬眠中のオリーブアナアキゾウムシ

 

と、このように、とても適当な感じで枯葉の中に転がっています。

 

見えにくいのか、硬くて身がほとんどないせいか野鳥が食べているところを見たことがありません。

 

もし、オリーブの根元に枯葉が積もっているようなら、冬の間に一度掃除した方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です