山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

国産有機バラをエディブルフラワーとして販売する準備

国産有機バラ・エディブルフラワー

 

今年、最初に咲き始めたバラはピンクのスパニッシュビューティー。一季咲きのクライミングローズで名前の通りスペイン生まれの甘い香りが朝靄に漂う。もう1つは日本生まれの芳純。大輪の華やかなバラ。

 

これまで試行錯誤というか悪戦苦闘してきたバラの有機栽培を1つ次の段階へ進めるためにエディブルフラワーとして季節限定で販売していこうと思う。

 

ネットで食用のエディブルフラワーのバラを探してみると、国産で有機栽培のものは今のところ存在しないみたい。無農薬や農薬不使用と書かれたバラはあるけど、有機JASを取得しているものは見つからなかったので、もしかすると唯一の食用の国産有機バラということに。

 

問題はオリーブ畑に咲いている生きているバラを、個人宅に鮮度を保ったまま届けることができるかどうか。収穫の時間帯、蕾の状態、虫食いの有無、水揚げ、梱包資材、賞味期限もろもろもろもろ。

 

春しか咲かない一季咲きのバラばかりなので、うかうかしていると散ってしまう。リミットは1カ月。それまでに販売できるか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です