山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

ハマキガの越冬

サギ

アオサギが海面をじっと見る。
 
海に落ちたハマキガ

その視線の先には波紋。羽を震わす峨が飛び立つことはない。
 
クラゲ

その下を、ゆっくりとクラゲが漂っていく。春の海の青は、どの色も淡くて静か。
 
ハマキガ

オリーブ畑にもハマキガが現れる。「マエアカスカシノメイガ」という小豆島のオリーブに最も多くつく種は、蛹だけでなく成虫でも越冬しているように思われる。
 
また、害虫との戦いが再開。ハマキムシを見なかった時期は12月~2月の3ヶ月だけということになる。なかなかハード、オリーブの無農薬栽培。
 
 
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です