山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

2019年を振り返って

2019年12月31日小豆島の有機オリーブ畑

2019年12月31日。今年最後の畑の見回り。

今年を振り返る。

 

雨が降らない冬から始まった。冬に渇き夏は降り続く亜熱帯のような不思議な気候。

 

春は新しいこと3つ。薔薇の花びらの販売を始めてみる。有機農業体験会をやってみる。新しい畑を3つ増やし初めての品種を植えてみる。それからショックなこと1つ。巣箱のミツバチが近隣の農薬で全滅してしまう。色々考えさせられた。

 

夏はゾウムシで1つ大きな発見。オリーブアナアキゾウムシが集まってくる要因が集合フェロモンだろうということが分かってきた。農家になって10年という節目の年に本を書くことに挑戦。

 

収穫の秋。冬の少雨、夏の多雨の影響で実が水膨れ状態。香りを出すための収穫時期を前倒しにしたので搾油率が下がる。ルッカのオイルの搾油量は昨年の半分程度となかなか厳しい年になった。

 

さて2020年。小豆島でオリーブを育て始めて11年目。どんな年にしよう何しよう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です