山田オリーブ園 国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。

オリーブ染めに挑戦してみる

オリーブで布が染まるらしい。
 
面白そうなので内海図書館で染め方の本を探してみると「花びら染め」という花でシルクのスカーフを染める本を見つける。花もオリーブも似たようなものなのでコレでOK!
 
白い綿製(帆布地)のバックを、色が染みやすように苛性ソーダとファンダーオイルを入れたお湯に浸す。
オリーブ染めに必要な道具
 
オリーブの葉と枝と実を鍋に入れる。分量などは適当に鍋一杯。
オリーブ染
 
手早く煮込むために圧力鍋を使ってみた。
 
「花びら染め」の本にはそんなことは書いてないが、まあ勝手に応用。臭いが漢方薬みたい。
 
たぶん、これを食べたらめっちゃ元気がでそうやけどやめとく。
オリーブ染め
 
煮汁の色はお茶みたい。
 
こんなんで色がつくんやろかとか思いつつ、ここに発色を良くするミョウバンを入れて白いバックを染めてみる。
 
錆びた鉄を入れると濃い色に、ミョウバンは明るい色になるらしい。
オリーブ染め

30分ほど漬け込んだら水洗いして陰干し。

 
完成!柔らかい黄色のオリーブ染めのウエストバックができた。

 
革の茶色が布地に少し沁みているのが気に食わないが初めてにしては上出来かな。

オリーブ染のバック
いろんな草や木で布を染めるのを「草木染め」というらしくけっこう面白かった。なんか、また染めてみよかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です